遺伝子組み換え食品反対派の主張とは?

1.遺伝子組み換えは「技術」未満 現在の遺伝子組み換えでは、生物の細胞から遺伝子を切り取ることや、生物の遺伝子を合成することはできるようになりました。しかし肝心の「組み込み」については、人間は制御できません。できるのは目 […]

>>

遺伝子組み換え食品推進派の主張とは?

1.遺伝子組み換えは食糧難を救い、地球環境問題を解決 遺伝子組み換え技術は、農林水産業・食品産業や関連産業の抜本的な体質強化、生産物の多様化・高付加価値化に役立ちます。画期的な新品種の作出、生産工程の効率化等といった貢献 […]

>>

日本で承認されたものは何種類あるのですか?

厚生省が「安全性」を審査し、評価指針に適合していると評価したものとしては、とうもろこし、なたね、じゃがいも等の農作物29品種と、キモシン、α‐アミラーゼ等の食品添加物6品目があります。  組み換え農作物の食品としての安全 […]

>>

安全性は?

安全性の確認は、 挿入遺伝子の安全性(急性毒性) 挿入遺伝子により産生される蛋白質の有害性の有無(急性毒性) アレルギー誘発性の有無(既知のアレルゲンと似てない) 挿入遺伝子が間接的に作用し、他の有害物質を産生する可能性 […]

>>

遺伝子組み換え技術と従来の品種改良とはどう違うの?

遺伝子組み換え技術を応用することで、生物の種類に関係なく品種改良の材料にすることができるようになりました。従来の人工交配による品種改良でも遺伝情報は混ぜられており、また人工的に起こした遺伝情報の突然変異を利用することもあ […]

>>

前のページ